ライブ配信カメラの施設向けの導入案内


ロゴ

講堂・セミナールームなどでコストをかけずに
ライブ配信を行う方法

ライブ配信カメラの施設向けの導入案内

   簡単・低コスト!ライブ配信カメラシステム【ライブストリーミング写楽庫】
音響システム完備の建物にライブ配信機能を追加できます。

スポットのライブ配信では、外部専門業者に依頼して、機材とスタッフを入れてもらって配信というスタイルが一般的ですが、これにはそれなりのコストがかかります。 定期的にもっと低コストで繰り返しライブ配信を行いたいというご要望もあるかと思います。そんな時に最適なのが、会場据え付け型で誰でも簡単にライブ配信を行うことができるライブ配信カメラシステムです。
会場の壁面などに固定して、配信開始と終了はカメラに接続されたパソコンで簡単に実行できます毎回スタッフが設置作業や配信設定を一からやり直す必要はありませんパソコンで「START」のボタンをクリックするだけです。
また予めスケジュールを組んで自動で配信開始と停止をすることもできます。スポットでのスケジュール配信や毎週決まった時間帯の繰り返しのスケジュール配信も可能です。
音声は会場既存の音響システムから有線で拾う接続にするので、クリアな音で配信できます。


ロゴ


Youtubeライブ配信サービスを使用すれば、無料でライブ配信が出来るので、ライブ配信にかかるコストが下がります。遠方の方や会場に足を運べない方のため、そして感染拡大防止のためにライブ配信が注目され導入事例が急増しています。ぜひこの配信の仕組みを活用してライブ配信を情報発信のひとつの手段としてお役立てください。

ライブ配信カメラシステム製品構成

ライブ配信用カメラ SRK-RSFHD
 解像度:FullHD(1,920×1,080 約206万画素)
 固定ボックス型
 音声入力端子付
 ライブ配信機能内蔵
 天気・気温情報の表示、テキスト案内文や任意のロゴなどの画像挿入機能付
 毎週〇曜日の10時~11時のようなスケジュール配信機能付
PoE給電HUB
 LANケーブル1本でカメラに接続するだけで、データ通信と電源供給が出来るHUBでカメラの電源工事が不要。
サポートサービス
 配信手順やYoutubeの設定、カメラ映像設定等のサポートからトラブル時の原因切り分けと解決までのサポート付きで運用も安心です。故障時もメーカー保証期間3年ですので期間内であれば無償での修理対応となります。


無料デモ機貸し出致します。実機での映像・音声・ライブ配信機能をお確かめください!\


詳細はこちら>>