自然で直感的な方法を通じた認証方式で、ユーザーに最適な便利性を提供
LCDモニターに表示されるユーザーの実際顔で提供されるガイド方式で誰でも簡単で抵抗感なく使用
色で区別される便利なユーザーガイド
EF-45NC
read-face-aiface
不便感のない、最適な認証距離
aiface-read-face2

  • 虹彩キャプチャ範囲:登録モード35〜45cm/認証モード30〜45cm
  • 顔キャプチャ範囲:登録モード50〜80cm/認証モード50〜80cm

『 最先端AIによる 』

虹彩/顔 ハイブリッド認証システム

指紋

乾燥・湿潤に弱い

汚れ、傷で劣化

静電気による故障

心理的抵抗

汚れ、感染の危険

比較的低価格

他人受入

眼鏡起因本人拒否

マスク起因拒否

光源による拒否

スピーディな認証

馴染みやすい

指静脈

血圧による誤差

細い指の問題

汚れ、感染の危険

手袋着用の問題

コスト高

本人拒否率は低い

その他静脈

使いにくい

装置が大きい

本人拒否

 

 

 

虹彩

従来はコスト高*

従来はストレス*

環境による変化少

本人拒否・他人受入が少ない

マスク・眼鏡の問題無し

ゴーグルもOK


『 本人認証と認証システムの問題点 』

印鑑、鍵、IDカード、ID番号、パスワード等は人間そのものを認証していない
これらは偽造、紛失、所持忘れ、盗難、忘却など様々な問題が発生する
この対策として指紋をはじめ各種生体認証が実用化されたが、ユーザーの性別・年齢・職業・体質、生理的状態、気温・湿度・照明環境、操作方法などによりエラーが発生し易い
英国物理研究所が実施した各種生体認証の精度比較試験によれば、虹彩認証は生体認証の中で最も正確で、認証速度が早く、拡張性があると結論づけている
虹彩認証は新アルゴリズムによりこれらの問題点を解決し、モジュール化により、高精度・小型化・低価格化を実現した。


『 システムの特長 』

1 虹彩による高精度認証

  • 他人受け入れ率は、120万分の1以下と高精度な認証を実現
  • 透明なコンタクトレンズやメガネ、マスクを着装したままで認証可能
  • 生体検知機能を備え、写真などによる「成りすまし」を防止
2 簡単・高速認証

  • ユーザーの身長に合わせて、カメラが自動的に上下して眼を追尾
  • 認証に適した距離を、画面の表示と音声ガイドでお知らせ
  • 虹彩画像取得後、1秒以下で認証が可能
3 様々な運用形態に対応

  • 虹彩認証が使えないユーザーは、「ID番号」や「ICカード」で認証可能
  • PC管理ソフト(CMIDマネージャー)を使って、ユーザー登録や履歴データのダウンロードが可能
  • オプションでサーマルセンサーを取り付けることにより表面温度が高熱の人は、赤色メッセージ警告したり、ドアの開放を停止することができます。

システム構成

管理PCなし構成(スタンドアロン)

ユーザーID、氏名などの登録や、履歴の確認は虹彩装置の液晶画面で行います。この構成では、ユーザー登録で使える文字は、英数字のみとなります。

※複数設置する場合、それぞれの装置でユーザー登録作業が必要になります。

    CMID Manager動作環境

  • OS: Microsoft Winws10(64ビット)
  • CPU: Intel Corei5シリーズ以上、同等のAMD製品
  • RAM: 16GB以上
  • DISK: 256GB 以上(SSD推奨)
  • 画面解像度: 1440×900以上(Windowsのディスプレイ拡大縮小設定は、100%で使用)
管理PCあり構成

CMID Managerをインストールした管理PCと虹彩認証装置をイーサネットで接続します。

ユーザーID、氏名などの登録や履歴の確認を管理PCで行います。この場合ユーザー登録は、日本語(カナ、漢字など)でも入力できます。

  • ※虹彩認証端末装置が2台以上となる場合は、有償のライセンスが必要です。(ライセンスは、別のPCに流用できません。)
  • ※PCのご準備は、お客様でお願い致します。
  • ※虹彩認証システム専用のLANとしてください。ルーターを経由するWANは、サポートしません。

資料ダウンロード 


『 虹彩・顔・非接触ICカードマルチ認証 』

虹彩・顔・非接触ICカードマルチ認証入退室装置 EF-45NC

ef-45nc
光学技術の粋を集めた最先端虹彩認証入退室装置
近赤外線、可視光線カメラ、動体検知、自動顔追尾など最先端の光学技術が安全確実・便利な虹彩・顔認証を実現します。
ユーザの身長さを厭わない顔自動追尾カメラ機能
自動追尾カメラが虹彩認証で上下35cm、顔認証で80cmの身長差を自動追尾・調整 します。
信頼の虹彩アルゴリズム
環境の影響、体調の影響を受けにくい虹彩アルゴリズムは本人拒否が少なく、世界的に定評の高い正確性が10,000人登録時で≧0.0000001以下の低い他人需要を実現します。
顔認証、非接触ICカードとのマルチ認証
顔認証・非接触ICカード認証とのAND/OR条件での組み合わせ認証が可能です。
出退勤機能も標準対応
入退室管理システムCMID ManagerV2との連携により、出退勤管理が可能です。又、EF-45NCには端末固定・時間固定・手動選択の勤怠モードが用意されています。
50,000ユーザ(虹彩)登録可能、100万ログ保存可能
本体に50,000ユーザ(虹彩)登録可能です。又、認証ログはテキストで100万ログ。認証時自動撮影の顔イメージで5万ログ保存可能です。
その他
LED照射によりゼロルックスの提唱でも認証可能です。TCP/IPの他、RS232C,RS485 Wiegand、無線LAN*等の通信に対応します。USBメモリ標準対応(ファームウェア更新,ログ他データ転送)。ケンジントンスロット対応。ソフトウェア開発キット(SDK) FCC,CE,目に対する安全基準IEC62471準拠

オフィスセキュリティ
食品工場・病院・介護施設

建設現場管理
ノンコンタクト入退室
両手に荷物を持っていてもノンコンタクトで認証ができます。便利で、衛生的
大規模ユーザにも余裕で対応
50,000ユーザ登録可能です。大規模な企業、パート/アルバイトの多い企業不定期来訪者の多い企業でも余裕で利用可能です。
厳格な認証管理
生体認証技術の中でも、正確性の高い虹彩認証に加え、顔・非接触ICカードとの複合認証により、より厳格なセキュリティ管理を実現できます。
入退室者の顔情報が保管できる
入退室管理システム CMID ManagerV2では、入退室履歴に認証時のユーザの顔を撮影・保存できます。認証エラー時の顔情報も保存できますので、不正使用の実体把握に役立ちます。
出退勤管理
CMID ManagerV2には、便利な勤怠管理機能が標準で用意されています。労務管理に欠かせない、出退勤管理が実現できます。
豊富なレポート形式
セキュリティマネジメントに欠かせないのがレポートです。入退室履歴はXLS,CSV等幅広い形式で出力可能です。
ef-45nc-points-pic-01

ef-45nc-points-pic-03


『 入退室管理システム CMID ManagerV2 』

CMID ManagerV2はEF-45NCをネットワーク(TCP/IP)経由で一元管理する入退管理システムです。
一括管理ソフトバージョン 説明 EF-45NC接続可能台数
CMID ManagerV2 CMID ManagerV2スタンドアロンタイプ(無料) 1台
CMID ManagerV2 台数ライセンスが必要(有料) 2台~5台
CMID ManagerV2 台数ライセンスが必要(有料) 6台~10台
CMID ManagerV2 SDK 他社システム接続用


CMID ManagerV2ハードウェア要求仕様
OS Microsoft Windows10(64ビット)
CPU Intel Corei5シリーズ以上、同等のAMD製品
RAM 16GB以上
DISK 256GB 以上(SSD推奨)
画面解像度 1440×900以上(Windowsのディスプレイ

『 標準入退室管理装置導入 』

EF-45NC設置位置は中心で床か1450mm

オフィス使用の場合の標準的な高さです。マンション等で子供が多い場合はお立ち台を設置する等の対策を講じてください。

通電時解錠・施錠電気錠の場合は電源機

右図は国産電気錠(通電時施錠、解錠)の場合の構成例です。

モータ錠、瞬通電型電気錠の場合は電気錠制御盤

この場合、電気錠制御盤(アート社製、Miwa製等)が必要になります。

設置上の注意事項
  1. 防水・防滴対応されていませんので屋外には設置できません。又、外光(太陽光)は強すぎる為、認証(顔・虹彩)が出来なくなる場合があります。
  2. 屋内でも太陽光が直接当たる場所への設置は避ける様にしてください。
  3. LANケーブルを挿すHUBのポートは10/100/1000ベースにしてください。

『 EF45NC虹彩認証システム 』

EF45NC虹彩認証入退室管理システムのご利用例の紹介とご案内(Comworks)

資料をダウンロードする場合は、メールアドレスを入力し、ボタンを押してください。