施設内の混雑状況を滞在人数表示で一目で確認できる

■施設内の人数表示システム

今、その中に何人が滞在しているのかを自動計測してディスプレイ等に表示します。
店内などがどの程度混雑しているのかすぐに分かります。

施設の出入口に人数カウント機能付カメラを設置し、複数の出入口がある場合にはそれぞれのカメラを連携して、入場者と退出者の人数を計測します。それにより今中に何人が滞在しているかの数値が計算できますので、その滞在人数を表示するシステムとなります。

設定した一定の滞在人数を超えるとディスプレイ内に案内を表示したりすることもできますので、混雑してきた場合に入場制限や注意喚起の案内などが行えます。

また時間ごとの滞在人数をレポートとして出力も出来ますので、その日の総入場者数
や時間帯による人の増減などを確認することができます。これらのデータは販促の効果測定や、感染を抑制するための店舗等運営のための情報として活用することができます。

カメラは出入口の天井面に設置し、真上から下を通過する人のインとアウトの人数を画像解析してカウントします。一つのカメラで3m幅程度を計測可能ですが、それ以上の幅の出入口では複数のカメラを設置し連携して計測しますので、特定の出入口が存在する施設全てで使用可能です。

オプションとして、追加カメラで施設内の映像もディスプレイに表示できますので、人数情報だけでなく視覚的にも実際の中の様子を入場前に確認することができます。

もっとシンプルなシステムとしては、カメラ単体で特定のラインのインとアウトの人数を計測(差し引きの滞在者人数は表示しない)し、同じネットワーク内のパソコンからそのカメラにアクセスして通過人数の情報を取得するシステムもあります。これは来場者用というよりは、現地のスタッフ用のシステムとなります。滞在人数の把握に使用するだけでなく特定の通路の通行量などの計測にも活用でき、スタッフが誘導などの業務に活用することができます。

一時的なイベント等でのレンタルや店舗など日常的な使用のための販売のどちらの形でも提供可能です。
cz-lekarna.com