広角パノラマVRライブ配信!



現在の東京タワーの様子を配信

高品質VRライブ配信方式で配信中!


VRライブ配信とは360°配信とも呼ばれてますが、広角のパノラマ(魚眼)レンズを搭載したカメラで広範囲を撮影し、それをライブ配信するものです。
そのままでは円形の映像になり、広い範囲をとらえてはいるのですが、歪んだ映像になり、あまり見た目も良くないしそもそも見にくいため、ソフトウェア的に自動補正をかけて普通のカメラ映像のようにしています。
閲覧者は、マウスなどでドラッッグして仮想的に任意の場所にカメラを向けてみているような視聴が可能です。
スマートフォンの場合は本体の向きを変えることで見る向きを変えることができます。
今回はこのカメラを東京タワー様で設置させていただきました。正確には東京タワー近くのマンションの高層階のベランダから東京タワーの全景をライブ配信しています。

ロゴ

東京タワーライブ映像>>


ライブ配信を開始するまでの流れ

besuchen sie diesen link


1.ネットワークカメラ設置
屋外の場合には耐久性の高い屋外用ネットワークカメラを使用します。
2.電源をLANケーブル経由で供給
LANケーブルで給電できるPoEHUBという機器がセットになっています。カメラの電源をLANケーブル経由で供給しますので、電源ケーブルのカメラへの引き込みが不要になります。
3.ルーター
特に制限はありませんがセキュリティ設定等で映像の通信等が制限されている場合は配信出来ない場合がありますのでその場合には設定の見直しをお願いいたします。原則としてインターネットに接続出来ればライブ配信ができます。
4.配信
配信サービス内で設定した内容に基づきライブ映像の配信を行います。ライブ映像は埋込コードを自社のwebページなどに埋め込むことで自社サイトで配信しているような見せ方もできます。

 

詳細はこちら>>

お問い合わせはこちらから>>