カメラ設置のメリット

商店街にカメラを設置すると、犯罪防止や事件が起きてしまった場合にも映像が残るため、地域の安全に貢献することが出来ます。
さらに、地方自治体では防犯カメラの設置を推奨しており、地域団体に対して補助金を出している自治体も多くなっています。

カメラ設置における問題

・レコーダーの設置が難しい。
・ネットワークに繋ぐことが難しい。
といった問題があり、現状では録画映像を見るためには高所のカメラに内蔵されているSDカードを取りに行くしかありません。
では、そのような方法以外で録画を見るにはどういった方法があるのでしょうか。

SDカードレコーダーを使用する場合

一つ目の方法はSDカードレコーダーを設置する方法です。

このように手の届く範囲に鍵付き防水ボックスに入れたSDカードレコーダーを設置することで、録画の取り扱いを楽にすることが出来ます。

さらに、死活も確認できるので故障時なども楽に問題を切り分けることができます。

 

 

 

LTEを利用した場合

LTEを使用した際のメリットは、遠隔から録画、ライブ映像の確認が出来ることが挙げられます。
さらに、手の届く場所に機材がないため、破壊やいたずらに強いです。

デメリットはカメラ1台に1つのLTEルーターが必要で、費用がかかるという点です。

 

 

 

 

まとめ

このように商店街にカメラを設置する場合、何通りかの方法があります。
他にもWiFiを使う方法、有線で繋ぐ方法など、場所によって最適な方法があります。 もし、導入を検討しているがどういった構成にするか迷っているといった方がいらっしゃいましたら是非弊社にご相談下さい。

ヒアリングの上、最適な方法をご提案いたします。