広範囲を監視したいです。

広範囲を監視したい場合には単純にカメラ台数を増やすことでも可能ですが、コスト面を考えると得策ではありません。そのような場合には、魚眼レンズ(全方位レンズ)型のカメラを選択するのがおすすめです。1台で全方位をカバーできるので少ないカメラ数で広い範囲をカバーすることができます。全方位をカバーできるため、カメラ映像はそのままでは円形で表示され、円周に近づくほど歪んだ映像となるためそのままでは少し見づらいということになります。そのためソフトウェア的に補正して映像を表示する機能がついています。
SRK-FEC、SRK-FECIRが魚眼タイプのモデルとなります。

動画配信ができるクラウド監視カメラ