TCB 体温測定専用 サーモグラフィシステム

非接触で発熱を検知し拡大を未然に防ぐ

ウイルスの感染拡大を予防するため、体温測定専用サーモグラフィシステムをリリースしました。 複数人の体温を同時に非接触で検知可能となり、大勢の人が集まる場所で、体温の高い人を、同時多数かつ高速に検知できるのは最大特徴です。 その誤差は摂氏0.3度以下で高速かつ正確な温度測定が可能となります。

体温測定専用サーモグラフィシステムの特徴

未然対策ソリューション

体温計測用赤外線サーマルカメラ体温の検出を目的に設計された、高精度サーマルカメラ

CEPSA サーマルカメラ 体温検知システムは、体温の計測に特化しており、すばやく、直感的に、わかりやすい画面表示になっています。また、対象人物との距離に左右されることなく、精度が保てる構成になっています。

注意事項

  • 本装置で測定されるのは、「体の表面温度 体表温 」であり一般的な体温計で測られる「体温」の値とは異なります。
  • 本製品は人体がウィルスに感染しているかどうか判別する機器ではありません。
  • 体表温は計測時や計測前の環境条件、被測定者の状態等により変動いたします。
  • 本装置で発熱の疑いが出た場合は、体温計での再検温をお勧めします。
  • 発熱が確認された場合、別途医師による診察が必要になる場合があります。
  • 本装置は、薬事認証を取得した医療機器ではありません。また、医療行為にはご利用頂けません。

設置イメージ

製品概要

ブラックボディ(体温校正装置)と併用し誤差0.3°Cの高い精度体温計測は計測距離に大きく影響を受けてしまいます。カメラの画角内に体温校正装置を置くことで、距離による温度の 誤差をなくし、常に温度の補正が行われ、約0.3°C以下まで誤差を抑えることができます。

実際の計測画面

複数人の体温をピンポイント表示。数字で温度感知部分がわかりやすく数字で表示されるので、だれでも見分けることができます。

異常警告アラーム・ランプ

設定値を超えた体温の人物を検知すると アラーム音や、ランプで異常を警告します。 ※異常を警告するアラームランプはオプションです。 ※サーマルカメラ本体には内蔵スピーカーとLEDパッシング機能が付いております。

顔認証AIレコーダーと組み合わせ機能拡張オプション +10 万円~

スペック紹介

サーマルカメラ
製品型番IPD-TG3211R
イメージセンサー非冷却VOxマイクロボロメーター
有効ピクセル256(H)x192(V)
ピクセルサイズ12um
熱感度(NETD)8~14um
カラーパレット約18種類
焦点距離/撮像角度7.1mm、H:24°、V:18°
体温測定有効範囲30°C ~ 45°C
測定精度最大±0.3°C ※ブラックボディ使用時
測定モードスポット/ライン/エリア
ネットワークカメラ
イメージセンサー1/2.8″ 2M CMOS
有効ピクセル1920(H)x1080(V)
最低被写体照度Color:0.002Lux、B/W:0.0002Lux、0Lux (IR on)
IR LED 最大到達距離35m
焦点距離/撮像角度8mm/F1.9、H:40°、 V:22°
アラーム2入力 / 1 出力
電源DC12V/2A, PoE (802.3af, Class 0)
消費電力最大12W
動作環境ー10℃ ~ 50℃, 95% RH 以下
推薦使用環境+10℃ ~ 35℃, 95% RH 以下
サイズ約W280mm × H104mm × D96mm
重量約1.4kg
ブラックボディ(体温校正装置)※こちら製品の保証期間は1年です。
型番DQ-A18Z
温度範囲+5℃~50℃
黒体直径70mm×70mm
精度±0.2℃ 
分解能0.1℃
測定放射率0.97
プリヒート時間約30分(環境温度による)
使用環境温度/湿度0 ~ 40℃ / 15% ~ 80%(結露なき環境で)
電源AC100V ~ 240V、50/60Hz
サイズ約W110mm × H120mm × D180mm
重量約1.8kg

基本セット内容

サーマルカメラ(IPD-TG3211R)×1台
ブラックボディ(校正装置)×1台
専用三脚 ×2個
ミニNVR(1TB内蔵)×1台
23.8インチモニター ×1台

追加オプション

アラーム音機能付き警報ランプ ×1個
40インチモニター ×1台
ディスプレイスタンド ×1個
ベルトパーテーション ×6個

※製品の規格およびデザインは改善のために予告なく変更する場合がございますので、ご了承ください。

基本セット内容

設置の際に準備するもの

  • パソコン:サーマルカメラの初期設定に使用します。
  • メジャー(5m):設置高さ、距離の測定に使用します。
  • プラスドライバー・マイナスドライバー:三脚への設置の際に使用します。

ハンドヘルド温度監視カメラ

  • ¥98,000(税抜)
  • 256 × 192 非冷却VOxサーマルセンサー技術
  • 測定精度:±0.5°C
  • スマートブザーアラーム
  • マイクロ USB による PC の生きている眺めを支えて下さい
  • 高温自動撮影
  • 非接触温度監視
画像表示
ディスプレイ2.4’LCD
解像度320×240
温度測定
精度±0.5°C(動作温度 15°C ~35°C)
測定距離最低0.5m
バッテリー
種類充電式リチウムイオン
寿命>8h連続運転@25°C
物理の特徴
保護グレードIP54
サイズ192.4mm×62.55mm×72.2mm

FAQ

ブラックボディとは何ですか?役割は何ですか?
ブラックボディは、計測温度を一定に保つために必要な機器です。人体温度を計測する場合、ブラックボディは一般的に35℃ に設定します。±0.3℃ の精度で計測が可能となります。ブラックボディは、カメラに接続する必要はなく独立した機器です。
機器の予熱時間はどれくらいですか?
ブラックボディ:電源を入れてから20~30分間予熱すると安定します
サーマルカメラ:電源を入れて60分間予熱すると、より正確な計測ができます。
屋外または半屋外環境に設置できますか?
屋外での使用は、温度や風、湿度、およびその他の環境要因により表面の温度測定に大きな影響を与えるため、屋外または半屋外に設置することは推奨しません。閉鎖された風のない安定した環境でご使用ください。
温測定に最適な室温範囲はどのくらいですか?
屋内の無風で安定した環境での最良の室温範囲は10℃〜30℃です。
同時に何人をテストできますか?
人数に制限はありませんが、温度測定の最適な距離(幅1.3m)に人の顔が重なり合わないように計測することで、より正確な結果を出すことができます。
サーマル画像が不定期に停止するのはなぜですか?これは正常な動作ですか?
正常な動作です。画像の均一性と測定の精度を確保して、補正するためのリセット動作になります。このため、不定期に停止することがありますが、これは正常な動作です。
最初の校正後に温度を測定しないのはなぜですか?
システム時刻が同期されていないためです。システムの時刻同期設定を確認してください。
顔検知エリアが不正確なのはなぜですか?
現場の設置角度と環境の背景に関連している可能性があります。

TCB 体温測定専用 サーモグラフィシステムについて資料