低コスト・省スペース・安定運用のクラウド監視カメラ「写楽庫」

モバイル監視カメラ

モバイル監視カメラとは?

モバイル監視カメラは、いつでもどこでも簡単に取り付けることができて電源ケーブルをさすだけで運用を開始できる監視カメラシステムです。LANケーブルを接続することなく、LTEのモバイルルーターによる無線通信により、ローカル環境はもちろん遠隔地からもライブや録画映像を見ることができます。カメラまでのLANケーブルの敷設工事が不要となるため、特に屋外への設置や設置場所を定期的に変更する場合などにとても便利なソリューションとなります。

もう一つの大きな利点としては現場のネットワーク環境に依存しないため、設定作業が不要であることです。全く知識や経験がない方でも簡単に運用を開始できます。これがLANケーブルをさすタイプの従来のカメラではその先のルータなどの設定が必須となるため、ネットワークの知識がある方でないと設定することができません。

モバイル監視カメラのシステム構成

rx110whikvision_ds_2cd2122fwd_is_4mm_2mp_wdr_fixed_dome_1185177

モバイル監視カメラは、ネットワークカメラとLTEモバイルSIMルーターで構成されます。ネットワークカメラは原則としてクラウドサーバーと連携できるモデルとなりますが、クラウドサーバー上へ録画するのではなく、カメラ搭載のSDカードに録画する仕様にすることでコストを下げることも可能です。LTEモバイルルーターと接続し、ルーターとカメラはボックス内に収納するかカメラだけボックスの外に固定します。こうすることで、LANケーブルが不要となるため設置場所を選ばず、現地のローカルネットワークに参加させなくても独立して稼働することができます。

モバイル監視カメラの活用例

モバイル監視カメラはさまざまなシチュエーションで使われはじめています。例えば工事現場での資材の盗難防止や夜間の不法侵入の防止などです。工事現場では、ネットワークカメラの取付は出来てもネットワーク設定などが出来る職人さんがいることは稀ですので、複雑な設定が必要なシステムは適しません。モバイル監視カメラであれば、ルーターとカメラの設定が完了した状態で納品出来るため、電源ケーブルの接続だけで設置・設定は完了します。また屋外で電源は比較的容易にとれるが、LANケーブルの敷設が困難といった状況でも効果的です。農家のビニールハウス監視や屋外での定点観測、ゴルフ場など屋外施設でのライブ配信/監視用途などです。LANケーブルの敷設は以外とコストがかかる上、長さの制限もあるため、距離がある場合は途中に中継HUBなどを用意しなければなりません。このような監視カメラの設置に関わる敷居を低くしてくれるのが、モバイル監視カメラシステムといえます。

モバイル監視カメラの技術について

モバイル監視カメラのメリットについては、上述したとおりですが、カメラとLTEルーターで構成出来るといってもそれほど単純ではありません。LTE通信サービスの選択をどうするか、ルーターの選択をどうするか、カメラはどのような仕様のモデルを選択するか、カメラの映像をどのようなシステムでクラウドサーバーで受け取るか、VMSの選択をどうするかなどさまざまな点において検討すべき課題があります。あるカメラを選択すると他の要素について制限が出てきたりするため、使いやすく安定した品質のシステムを構築するのは以外と難しいのです。また、このようなシステムは、クラウドサーバーやルーターに関する技術が必要で、ネットワークについての技術も当然ながら必須となります。

モバイル監視カメラシステムの検討

syarako1

当社ではモバイル監視カメラを製品化し、主にレンタル用監視カメラとして提供しています。期間限定の使用のためLANケーブルの敷設まで行う必要がない場合や時期に応じて設置場所を移動したい場合などに適しています。もちろんシステム一式を購入して永続的に設置することも可能ですが、その場合は通信回線費用がカメラ1台ごとに定期的に発生するという点を検討した上で導入する必要があります。

無料相談・お見積り・現地調査(無料) TEL 0120-77-5609 受付時間:9:00-18:00

PAGETOP

© 2017 株式会社コムワークス