WiFiの場合は通信可能距離が短いため多くの中継機が必要となるのであまりお勧めできません。しかし、直接見通し距離で約5kmまで対応の無線通信機器がありますのでこれを採用すれば広い敷地でも少ない通信機器で広い範囲を安定的にカバーすることができます。光ケーブルを敷設するのと比較すると工事費は大幅に削減することが可能です。