最近の監視カメラは非常に低照度の環境でも映像を見ることができます。そのため街中などで夜間でもある程度の照度があるところでは、普通に見ることが出来るため、特にライトを設置する必要はありません。

またまったく照度のない場所でもIR(赤外線ライト)付の監視カメラを選択すれば映像は白黒にはなりますが、見ることは可能です。ただし、より明瞭に被写体を確認したい場合や威嚇効果を期待する場合は、人感センサーライトなどを併設するのもよいでしょう。