低コスト・省スペース・安定運用のクラウド監視カメラ「写楽庫」

マンション用監視カメラシステム

マンション用といっても特に他の施設用と大きく異なる部分はありませんが以下のようなシステム構成が当社の推奨となります。

マンションの理事会メンバーの方へ

マンションへのカメラ導入や更新については、一般的には理事会で決定する事項となります。その時注意していただきたいのは、マンションの管理会社からの提案だけで決定してしまわないことです。管理会社の提案が妥当なものなのかを判断するためにも他の業者からも提案をもらった方がよいでしょう。
管理会社からの提案内容をお知らせいただければ、妥当性や場合によってはもっと低コストで同仕様の代替案などについてご案内させていただきます。
ご相談・見積は無料ですのでお気軽にご連絡ください。

システム構成

マンションの場合は、管理室にレコーダーやディスプレイを設置するケースが大半で、管理室はそれほど広くない場合がほとんどです。そのためレコーダーはコンパクトな2BAYのNASレコーダーを推奨しています。他にパソコンなどは不要でNASレコーダーにディスプレイやマウス・キーボードを直結して操作や表示ができます。
カメラは、日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、世界シェアでは常にトップレベルのAXIS社(現在はCANNONの傘下)のモデルを推奨品として構成しています。
電気引き込み工事をなくすため、LANケーブルでデータ送受信と電気供給が可能なPoEHUBを標準構成としています。
NASレコーダーの容量は、設置カメラ数や録画保存期間によって柔軟に変更することが可能です。

マンションの防犯について

マンションはオートロックがあるし、高層部などは安心と考えている方もいるようですが、実はそのような意識自体が無施錠などにつながり、ドアから普通に侵入を許してしまったりするケースがあります。
またバルコニー側からの窓破りでの侵入が非常に多いのが特徴です。バルコニーの窓の鍵は一般的なクレセント錠とよばれる鍵がほとんどで窓を破って簡単に解錠できてしまうため、窓や鍵に対する対策も必要です。
地上から3階までと屋上から下3階までは、バルコニーから侵入されるケースが多いため、中層階よりも注意が必要となります。少しの外出の場合などにはオートロックを過信して施錠しないというケースも一軒家と比較して多いため防犯意識を高める必要があります。

マンションにおけるカメラの取付場所

監視カメラの取付位置に規則があるわけではありませんが、マンションでは、ある程度決まった取付位置があります。取り付けるカメラ数によって結構コストが違ってきますので、無駄なく必要最小限で取付位置や数を決定するのがおすすめです。予算が十分にありとにかく出来るだけセキュリティを高めたいというケースの場合は別ですが・・・。
■取付必須場所
以下については監視カメラを設置する際にはぜひ設置しておくべき場所になります。

  • エレベーター内・・・マンションに限らず多くのエレベーターで設置されています。
  • エントランス・・・一般的にはエントランスから外側へ向けてカメラを配置し、マンションに入ってくる人の顔が確認できるようにします。マンションから出ていく人も捉える場合はもう一台逆方向に設置します。
  • 外構部・・・マンションによって場所は異なりますが、人の目につきにくい場所や不法にマンション内に侵入できそうな場所が存在するならそのような場所に設置します。
  • 駐車場・・・全部の車両をカバーする必要はなく(余裕があればそれでもよいですが)、車両が通行する部分や駐車場出入口などをカバーします。
  • ゴミ捨て場・・・構内にあって住人しか入れない場合でも規則に反したゴミ出しを防ぐために必要ですし、外部の人がアクセスできる場所の場合は不法投棄を防止するためになおさら重要です。
  • ■取付推奨場所
    以下については必ずという訳ではありませんがなるべく設置しておいた方がよいでしょう。
    メール室
    管理人室前/窓口
    1F共用部廊下
    駐輪場
    メインエントランス以外の出入口

    ■あればなおよい場所
    2F以降の共用部廊下(鍵がなければ1階から2階以上へは移動出来ないことが前提です)
    階段や踊り場など
    エントランス前歩道や道路

    ■特殊な条件で設置が推奨される場所
    マンションの窓側(バルコニー側)が人目につきにくい場合
    屋上に簡単にあがれる場合
    鍵なしで簡単に1階から上の階に移動が出来る場合

    マンションへの監視カメラの設置目的は防犯と何か事件等が発生した場合の警察へのデータ提供となります。オフィスビルなどにのように警備員が常駐してリアルタイムに防災センター等で監視するというものではありませんので、マンション構内の全てを死角なく把握出来るようカメラを配置する必要性は必ずしもありません。予算を考慮して合理的な設置を検討しましょう。

    設置工事について

    設置工事については、現地調査の上、お見積を提出させていただきます。既存のケーブルの有無、カメラとレコーダーの配線ルート、取付位置及び高さなどを確認させていただきます。マンション案件は余程大規模でない限りカメラ台数は10台以内に収まることがほとんどで、システム的にもシンプルですのでそれほど大きく施工料金が上下することはありませんが、配線ルートと高所作業の有無が変動要素となります。全工事費の目安はカメラ1台につき40,000程度が標準的です。ただエレベーター内のカメラについては昇降機資格者の立ち合いなどが必要な場合があり、ケーブル敷設も通常と異なるため別途費用が発生します。すでに設置している場合はそれをそのまま流用するか交換するにしても、ケーブルはそのまま活かす方がコストは抑えられます。

    購入形態の違い

    購入形態としては買取型、リース型、レンタル型の3種類が主なものですが、それぞれの特長は以下の通りです。
    ■買取型
    文字どおり製品を購入して導入する一般的な方法です。支払総額が最も低く済み、期間の限定なく使用出来るのがメリットですが、一括の支払が必要であったり、製品保証期間後の修理は有料などの点があげられます。

    ■リース型
    レンタルと比較すると支払総額が低いことや再リースが安価であることがメリットですが、保証期間終了後は有償修理になることや買取と比較すると支払総額が高くなること、契約期間の縛りがあるのがデメリットです。

    ■レンタル型
    製品保証期間に関わりなく、故障時に無償で修理や交換が可能な点やリースと比較して契約期間に縛りがない(製品によっては例外はあります)がメリットですが、最も支払額が大きくなり、更新時に再レンタルしても金額は変わらないところがデメリットです。

    どのタイプが良いかは導入したシステムの故障率に依存しますが、長期ではレンタル型は割高となるため、買取かリース型での検討が一般的です。

    遠隔からの監視・管理をご検討の方へ

    上記はローカルで完結するシステムですが、遠隔から管理/監視を行うためのクラウド運用型の監視カメラがあります。遠隔地からマンション・アパートのライブ映像や録画映像にアクセスし管理できます。詳細については以下にてご覧いただけますのでご参考になさってください。
    クラウド監視カメラ
    http://sharako.com/introduction/mansion_cloud/

    無料相談・お見積り・現地調査(無料) TEL 0120-77-5609 受付時間:9:00-18:00

    PAGETOP

    © 2017 株式会社コムワークス