低コスト・省スペース・安定運用のクラウド監視カメラ「写楽庫」

既存監視カメラの更新

映像レコーダーの故障や買い替えに悩まされてはいませんか?

DSC_3965

HDD(ハードディスクドライブ)が搭載された映像レコーダー(NVR)は、HDDである限り、使用していれば必ず故障する日がやってきます。

特に24時間録画といったハードな環境では、HDDに書き込んでは消去ということを常に繰り返しているため、PCに搭載されているHDDとは比べものにならないほど寿命が短くなります。

RAID構成で冗長化された映像レコーダー(NVR)でも100%データが復旧できるとは限らず、故障したHDDの交換なども手間となります。

クラウドへ持っていけばそのような不安や手間から開放されます。

すでにネットワークカメラを使って監視カメラの運用を行っていているお客様の場合、クラウド移行がシンプルに行える可能性があります。

お客様のカメラがアロバビューまたはCameraStationという管理ソフトに対応している機種であれば現在のカメラをそのまま使用し、クラウド移行が可能です。

設定もほぼそのまま利用しますのでスピーディーに低コストで対応できます。

監視カメラの管理ソフトをクラウドサーバへセットアップし、管理と収録をクラウドで行うことにより、映像レコーダー(NVR)などレコーダー機器が不要となり、管理もどこからでもクラウドサーバーへアクセスして行うことが可能です。

また、クラウド領域に監視カメラの映像データを保管するのが心配という場合には、クラウドサーバーとお客様拠点をVPN(バーチャルプライベートネットワーク)接続することもできます。

これはクラウドサーバーとお客様拠点のカメラネットワーク内にある任意のPCにVPNソフトウェアをセットアップし仮想的なローカルネットワーク領域を構築するものです。

クラウドサーバー領域がお客様LAN内と同様に扱え、通信信号などは外部からいっさい確認できないよう暗号化されて送受信されるためセキュアに運用することが可能です。

クラウドでシステム管理が容易に

PIC_0275

レコーダー機器が不要になり、保守・運用管理の手間が軽減できます。

また映像レコーダー(NVR)のように故障するということがないため、映像レコーダー(NVR)を買い換えたり、定期的なメンテナンスの必要もありません。

カメラ追加や収録データの増加にともなうリソース増強が低コストでスピーディーに対応可能になります。

クラウド上にカメラ管理と収録データ管理を一元化できます。

留意点としては、クラウドサーバー自体は非常に冗長性が高く堅牢ですが、途中のネットワーク経路(インタネット、お客様側ネットワーク)のトラブル時にはライブ動画閲覧や録画が出来なくなります。

また、システムの安定性のために固定のグローバルIPを取得することを強く推奨します。なおカメラの機種によってはこのようなネットワークトラブル時に自動的に内蔵SDカードに録画先を変更する機能を持ったものもあります。

クラウドで安全なデータ保管

物理的な故障によるデータの損失や盗難のリスクがなくなり、災害時のデータの保全性も向上します。

無料相談・お見積り・現地調査(無料) TEL 0120-77-5609 受付時間:9:00-18:00

PAGETOP

© 2017 株式会社コムワークス