低コスト・省スペース・安定運用のクラウド監視カメラ「写楽庫」

ネットワークカメラ導入事例

導入事例の一覧

事例1(クラウド運用型):ソフトウェア開発会社

お客様の現状

DSC_4069

現在、アナログの監視カメラを開発室に複数設置し、レコーダーで監視映像を収録している。

関係している案件で情報の流出等のトラブルが発生した場合に自社の潔白を証明するための用途で24時間収録している。

収録期間を増やしたいということでレコーダーの増強を考えているが、思った以上に一時的なコストがかかることとアナログカメラもレコーダーも大分昔の製品なので、このシステムのまま投資して引き続き使い続けることが長期的にみてメリットがあるのか疑問を持っている。

お客様のニーズ

  • 収録期間を増やしたい
  • 現在のシステムが古くなっており、今後の故障などの不安をなくしたい

クラウド監視カメラシステムによる解決

収録をレコーダーではなくクラウドで行うことで、レコーダーの増強にともなう機材費・工事費を削減。

将来的にまた増強する場合も速やかに低コストで対応可能な点もポイントとなった。

アナログカメラも最新の低価格のネットワークカメラに差し替えることで、それほど一時的に大きなコストをかけることなく将来的な不安も解消。

月々のクラウド使用料を考慮しても、システム変更に伴う大きなコストやレコーダーの保守費用を考えるとクラウド移行にメリットがあると判断。

ローカルのレコーダーに映像データをおいておくより、クラウドへおいておいた方がデータ逸失のリスクが少なくなることもポイントとなった。

事例2(クラウド運用型):複数店舗運営(飲食店)

DSC_3965
お客様の現状

複数店舗を運営しているが、どの店舗にも監視カメラは設置していない。何かトラブルが発生した場合の確認用やトラブル発生を未然に防ぐツールとして監視カメラの設置を検討しだしたが、一番の理由はオーナーが各店舗の様子をモニターするために利用したいということであった。

お客様のニーズ

  • オーナーが各店舗の様子をいつでもモニター出来るようにすることで従業員の規律を高めたい
  • オーナーが普段なかなか顔を出せない店舗の様子をモニタリングすることで、店舗運営の改善点などを見出す機会を増やしたい
  • 何らかのトラブルが発生した場合の証拠映像として一定期間収録しておきたい
  • 店舗はそれぞれスペースが限られており、出来るだけ省スペースで運用したい

クラウド監視カメラによる解決

収録した映像が必要なのは、トラブル時の時だけなので数日間分の保管が出来れば十分で、普段は収録映像を見ることもないとのこと。

そのため容量が大きいレコーダーは必要なく、省スペースで運用できるというメリットを評価しレコーダーなしのクラウド運用を採用。

店舗へ行く必要がなく、オーナーがどこからでもモニタリングやカメラ/収録映像を一元管理できるクラウド運用がオーナーの意向にフィット。

収録映像の保管期間が短く、データ量が少ないためクラウド使用料も少額に抑えることができた。

事例3(クラウド運用型):製造工場

PIC_0032
お客様の現状

工場の生産ラインを監視するために監視カメラシステムを導入済だが、それらを管理しているサーバーが調子が悪く、新機サーバーとの入れ替えを考えている。しかし管理ソフトが古いサーバーOSにしか対応していないためそれらのリニューアルも含めて考えるとどのような仕組みにするのがベストなのか悩んでいる。

お客様のニーズ

  • 現在サーバー機が不調で、これが故障するとシステム全体が機能しなくなるため早急な対処が必要
  • サーバー機を新規にして冗長性を持たせても故障によるシステムダウンのリスクは常にあり、この不安を解消したい
  • 監視カメラシステムはあくまでもサブシステムであり、大きなコストをかけてのリニューアルはさけたい

クラウド監視カメラによる解決

サーバー機の不調については早急に対応が必要なため、クラウドサーバーを活用し対応。サーバー機選定、現地導入・設定にかかる期間を大幅に短縮。

クラウドサーバーを使用することで機器リニューアルにかかるコストも削減でき、将来的な安定稼動に関する心配も払拭された。

収録データの管理も現場でなければ出来なかったものが、クラウドでどこからでも管理できるようになり、運用の利便性が向上した。

事例4(クラウド運用型):会員制有料レンタルスペース

DSC_0221
お客様の現状

新規に会員制の自主トレーニングスペースの事業を開始することとしたが現場にスタッフを置かない無人での運営となるためセキュリティの面で不安がある。

正規の会員が契約時間どおり使用しているのか、現場設置機材へのいたずらや設置部材の持ち出しなどはないかなどが心配。

お客様のニーズ

  • 開設にあたり、トレーニング機材の導入などにコストをかけており、監視カメラ関係にあてる予算があまりないので出来るだけ初期投資を抑えたい。
  • 現場にはPCやレコーダーを置きたくない。それほど大きなスペースではないので高い解像度の高価なカメラは必要なく、とりあえず撮影が出来て、監視カメラが設置されていることが分かるという程度でよい。
  • また無人での運営で、オーナーが現場にいつでもいける状況にないため、故障などは出来るだけさけたい。

クラウド監視カメラにより解決

まず、現場に機材は出来るだけ置きたくないということで、クラウド型監視カメラの選択により、この要望はクリア。

現場には監視カメラのみで、それらをオペレーションするPCやレコーダーは置いていないため、いたずらや故障、データ毀損のリスクを減らすことができた。

初期費用もカメラと設置工事費用だけで済み、レコーダーやPCのコストがかからないため予算内におさえられた。

事例5(ローカル運用型):ロジスティクスセンター(新設)

導入目的

top7

配送業者など多数の車両の出入りが多い環境のため、場内の事故の防止やセキュリティの確保のために車両通行帯や棟内各所に監視カメラが必要。

施工内容

  • 現場ではネットワーク設定やカメラ設定は行わず、事前に全て設定完了の状態で現地へ搬入
  • 全ての機器と梱包材には識別IDシールを貼りつけ、作業者が図面を確認しながら間違いなく機器を設置出来るよう準備
  • 場内は広大なため一部では100mを超えた通信が必要となり、光ケーブルを利用
  • ネットワークは外部インターネットとは接続せず、監視カメラシステム専用で敷設
  • 全てのネットワークケーブルはフルークテスターによるチェックを行う
  • 外構部のカメラについては外構部に配置したスイッチングハブからLANケーブルを引く。そのため屋外用収納BOXが必要
  • 外構部のカメラは夜間灯ポールの4m程度の位置に取り付けるため高所作業車による作業
  • 棟内車路も天井取付のため高所作業車による作業
  • 外構部のケーブルは全て地中埋込
  • 録画やモニターは全て中央管理室にて行うため、サーバーラック内に全機器を収納
  • モニターディスプレイは、壁掛け及び天吊り

施工のポイント

一つ一つのカメラ設置工事は特に難易度の高い部分はないが、カメラ数が多く(110台)その半分以上が外構部の高所取付であること、そして敷地が広大なため、作業には通常より多くの時間がかかる。的確な作業計画と実施が必要。ケーブルの端子取付とフルークテストは出来るだけセットで行うことで、2重に回ることをさけた。カメラの取付と画角調整等についても出来るだけセット作業とすることで余計に回る時間を節約。光ケーブル融着、コンバーター、LANケーブル敷設、フルークテスト、収納BOX/HUB設置などの通信関連の施工と管理センター側のサーバ機器等の設置を同時進行で行い、それぞれが完了した後、カメラの設置という工程で行った。

事例6(ローカル運用型):オフィスビル(既存カメラの更新)

導入目的

PIC_0005

ビルのセキュリティ強化のため、防災センターからオフィス内及び外構の主要な場所を監視できるようにすること

施工内容

  • 既設カメラの取付方法や新規カメラの取付方法を各カメラを確認し検討
  • 現場ではネットワーク設定やカメラ設定は行わず、事前に全て設定完了の状態で現地へ搬入
  • ネットワークは外部インターネットとは接続せず、監視カメラシステム専用で敷設
  • 全てのネットワークケーブルはフルークテスターによるチェックを行う
  • 既存カメラシステムの録画機や電源関連機材の撤去
  • 録画サーバは防災センターにて行うため、サーバーラック内に機器を収納
  • 防災センター内に監視カメラ映像表示用PCを設置

施工のポイント

既存カメラの更新の場合は、既存カメラの取付方法やサイズを確認し、新設カメラの最適な施工方法の検討が必要。工事前に現場調査を十分行い各カメラの具体的な取付方法や用意するべき部材の確定をした。他の案件と同様に原則として現場での設定は行わなくてすむように事前に各カメラ、サーバ、PCなどのチェックと設定、接続テストを行った上で現場へ搬入。

事例7(ローカル運用型):ショッピングセンター(新設)

導入目的

DSC_0205

店舗のセキュリティ強化のため、管理室から店内及び外構/駐車場の主要な場所を監視できるようにすること

施工内容

  • 現場ではネットワーク設定やカメラ設定は行わず、事前に全て設定完了の状態で現地へ搬入
  • ネットワークは外部インターネットとは接続せず、監視カメラシステム専用で敷設
  • 全てのネットワークケーブルはフルークテスターによるチェックを行う
  • 管理室内のラックにサーバ、表示用PCを設置

施工のポイント

新設で高所取付もないため、比較的、簡易な工事に分類される。屋上に1台、大きなペンダント型カメラを壁面に設置したが取付方法について強度等を検討し、決定した。取付方法が特殊な機種については、事前に作業担当者がよく把握しておく必要がある。

事例8(ローカル運用型):オフィスビル(新設・更新)

導入目的

DSC_3991

一分の既設アナログカメラの故障により、入替が必要で、さらにセキュリティ上必要なポイントへ新規にカメラを追加し、全体的なセキュリテイのレベルを向上

施工内容

  • 現場ではネットワーク設定やカメラ設定は行わず、事前に全て設定完了の状態で現地へ搬入
  • ネットワークは外部インターネットとは接続せず、監視カメラシステム専用で敷設
  • 全ての新設ネットワークケーブルはフルークテスターによるチェックを行う
  • 防災センター内のビデオレコーダーの配線の交換等
  • 設置困難場所への特注で用意した大型取付器具を設置
  • PTZカメラ用コントローラを追加

施工のポイント

カメラ取付位置を壁から相当離さないと電柱が画面内に入り込んでよく見えない場所があり、壁から80cmほど離れたところにカメラを取り付けるためのブラケットを特注で製作。

事例9(クラウド運用型):ビル屋上(新設)

導入目的

再開発中の街の様子を長期間に渡り撮影し、完了後にその変化の様子を高速早送り動画(タイムラプス動画)としてコンテンツ化したい。

施工内容

  • ビル屋上の既存のポールへ4K解像度のネットワークカメラを取り付け
  • 定期的に静止画画像をクラウドサーバーへ送出・保存するよう設定
  • ライブ映像は関係者が遠隔から閲覧出来るよう設定
  • 屋上カメラと最上階のEPSに設置したレコーダー機器(バックアップ用)をUTPケーブルで接続

施工のポイント

施工自体は、一般的なシンプルな設置工事だが、お客様のニーズを満たすための、カメラ選定と設定について十分配慮しシステム設計を行った。定期的な静止画送出の仕組みとライブ配信機能を両立させるためAXIS社のカメラを選定し、ライブ配信用アプリをカメラにインストールした。

事例10(クラウド運用型):建築現場(新設)

導入目的

建設中の資材の盗難、不法侵入、作業者の安全確保の目的で現場に監視カメラの設置を検討していたが、レンタルで無線で通信出来るタイプの監視カメラがあることを知りケーブルを引く手間がないことや建築終了で返却出来るメリットを考慮し選定を行った。設置と操作が容易という点が決定の大きな要素となった。

施工内容

  • LTE通信タイプの一体型監視カメラをレンタル品として提供
  • 現場の単管ポールに取付
  • スマートフォンでライブ映像を確認しながらカメラ向きなどを調整
  • 現場近くの事務所内の既存PCで映像や録画のチェック

施工のポイント

単管ポールなどへ取り付けるための専用取付器具付の仕様のため非常に短時間で取付は完了し、その場でスマートフォンで動作と画角のチェックを行った。電源ケーブルをさすだけで現場でのネットワーク設定などはいっさいないため設置時間は通常工事と比較し、短時間で済んだ。

事例11(ローカル運用型):マンション(新設・更新)

導入目的

マンションの脇で夜中にたむろしたり、ゴミなどを投げ捨てる案件が何度も発生し、これらを防止したいということで新設カメラの導入とついでに既存カメラの更新を希望。

施工内容

    • マンション外構部の問題発生場所に監視カメラを設置
    • 既存のマンション内カメラはダミーカメラとして残し、新規にカメラを設置
    • 既存のレコーダーシステムを撤去
    • NASレコーダーとディスプレイを管理人室に設置し、カメラとUTPケーブルで接続

施工のポイント

管理人室から外構部のカメラまでのケーブル敷設ルートに多少難があったがその他は一般的な設置工事で問題なく完了。

事例12(クラウド運用型):ライブ配信(新設)

導入目的

石垣島で地元の情報発信サイトを運営する南山舎株式会社様が、サイト内で石垣島の現在の様子をライブ配信するために導入。

選択のポイント

      • 建物屋上の屋外に設置するため出来るだけシンプルなシステムにしたい
      • 石垣島まで技術者に出張に来てもらうとその分料金が高くなるため自分達で設置・設定を行いたい
      • 有料の配信サービスではなく無料の配信サービスを使って配信したい

導入

条件から、ライブ配信用カメラであるライブストリーミング写楽庫シリーズのSRK-LHFHDEを選択。現地では電源ケーブルをさすだけでYoutubeで簡単にライブ配信を開始することが出来た。ライブ映像は、八重山地域ポータルサイト「やいまタイム」にて配信中。

無料相談・お見積り・現地調査(無料) TEL 0120-77-5609 受付時間:9:00-18:00

PAGETOP

© 2017 株式会社コムワークス