低コスト・省スペース・安定運用のクラウド監視カメラ「写楽庫」

無線監視カメラシステム推奨事例

無線通信システムを上手に活用すると監視カメラの設置にかかるコストを大きく削減することができます。特に屋外では、LANケーブルの敷設が困難な場合が多くあり、そのような場所での通信環境の構築に威力を発揮します。無線通信システムの推奨使用環境は以下のような場所です。

工場

広大な敷地の工場の周囲に監視カメラを設置する場合には、光ケーブルの敷設を行うよりも無線通信によるシステム構築の方がコストを抑えることが出来ます。工場内部も広く見通しが良い場合は内部も無線通信にすることでLANケーブルの敷設が省略でき、工期短縮とコストの削減が可能です。

河川

地方の河川の近辺などでは、LANケーブルを引き込むことが困難な場所が多くあります。その場合に無線システムでLANケーブルを引き込み可能な地域まで中継することで通信することが可能となります。河川の定点観測などを行う場合の通信手段のひとつとして有効です。

学校

学校には、校庭や広場がつきものですが、監視カメラは敷地の境目や出入口に設置するケースが多いため、LANケーブルの敷設が以外と困難でコストがかかる場合があります。無線通信システムを使用すると簡単に通信を確立できます。

避難所

避難所は通常、常設ではありませんので、急遽導入が必要な場合にはケーブルの敷設などを行っている時間的な余裕はありません。無線通信システムはそのような場合でもスピーディーに通信環境を構築することが出来ます。さらにWiFiスポットとしても機能させることが出来るため、避難所のセキュリティのためのカメラ用だけでなく避難者へWiFi環境を提供するための機器としても使用できます。

サービスエリア

サービスエリアには広い駐車スペースがあり、監視カメラを設置する場合にはLANケーブルの敷設がネックとなります。駐車場の地下にケーブルを埋設するのは大工事となるため大きく場外を迂回しなければなりませんが、100mごとにHUBと電源が必要になるなどかなり手間がかかります。無銭通信システムであれば、簡単な設置で通信が可能となります。

観光地

観光地は山間や自然の中にあることも多くそのような所では、LANケーブルの引き込みが困難なケースがあります。そのような場所へカメラを設置し、ライブ配信や監視を行う場合には無線通信システムが便利です。観光客用のWiFiスポットの提供も可能です。

スキー場

スキー場は山間部にあるため、大抵、LANケーブルの引き込みが困難となります。麓のLANケーブルの引き込みが可能な場所から上部まで中継接続することでスキー場のどこにでも監視カメラを設置することが可能となります。

公園

特に広大な公園では、LANケーブルの敷設は困難でコストのかかる作業となります。無銭通信システムを使えば公園の任意の場所に監視カメラを設置することが可能となります。

上記以外でも同じような条件のケースでは無線通信システムが有用な場合があります。以下のフォームから条件などを入れて送信していただくと無線通信システムのメリットを活かした見積をさせていただきます。

無料相談・お見積り・現地調査(無料) TEL 0120-77-5609 受付時間:9:00-18:00

PAGETOP

© 2017 株式会社コムワークス