低コスト・省スペース・安定運用のクラウド監視カメラ「写楽庫」

FAQ

WiFiの場合は通信可能距離が短いため多くの中継機が必要となるのであまりお勧めできません。しかし、直接見通し距離で約5kmまで対応の無線通信機器がありますのでこれを採用すれば広い敷地でも少ない通信機器で広い範囲を安定的にカバーすることができます。光ケーブルを敷設するのと比較すると工事費は大幅に削減することが可能です。

はい、可能です。実際にライブ配信用途も兼ねてご利用されているお客様は結構います。具体的には、YouTubeを使用したライブ配信が可能です。全てのカメラで対応可能ではありませんが、AXIS社のほとんどのモデルとクラウドカメラの一部のモデルで、YouTubeへライブ配信用映像を送出する機能があります。この機能を使うと簡単にライブ配信を行うことができます。

はい、当社では2種類の誰でも簡単に設定が可能なシリーズがラインナップされています。一つはクラウドサーバーで運用する監視カメラで「クラウド写楽庫」シリーズです。アカウントの作成と簡単なカメラ登録ですぐに管理画面からカメラにアクセスできます。クラウド写楽庫はこちら

もう一つは電源ケーブルを差すだけで、遠隔からもカメラにアクセス出来る完全に設定不要の「LTE写楽庫」シリーズです。この製品は主にレンタル形式で使っていただいてますが、ご購入いただくことも可能です。LTE写楽庫はこちら

どちらのシリーズもIP設定やルーター設定などネットワークに関する設定は不要のため、知識のない方でも簡単に運用を開始することが出来るネットワークカメラシステムです。PCだけでなく、スマートフォンやタブレットなどからもライブ映像/録画映像の閲覧が可能です。

いいえ、録画するためには必ずしもレコーダーは必要ありません。SDカードスロットのあるモデルでは、監視カメラ本体内のSDカードに録画することが可能です。ただし、定期的なカード交換が必要なことや記録容量が限られているということは留意しておかなければなりません。

もう一つは、クラウドサーバー内へ録画データを保管する方法です。この場合は現地にレコーダーやPCが必要ないので、それらの機器の故障リスクがなくなるのがメリットです。

最近の監視カメラは非常に低照度の環境でも映像を見ることができます。そのため街中などで夜間でもある程度の照度があるところでは、普通に見ることが出来るため、特にライトを設置する必要はありません。

またまったく照度のない場所でもIR(赤外線ライト)付の監視カメラを選択すれば映像は白黒にはなりますが、見ることは可能です。ただし、より明瞭に被写体を確認したい場合や威嚇効果を期待する場合は、人感センサーライトなどを併設するのもよいでしょう。

単純なところでは、屋外用/屋内用の区別は設置場所に応じて確認しておく事項です。解像度などがよいものがよいのは当たり前ですが、当然価格も高くなります。コストを気にしなければ最高スペックのカメラを選択すればよいという単純な話ですが、そのような方はいないと思います。

監視対象までの距離や監視目的に応じて目安とされる解像度があるので必要以上のスペックとならないようにしコストを抑えることが重要です。ただ現在ではネットワークカメラに関してはFullHDかHD(720P)のカメラがほとんどでそれ以上であれば4K,8Kがありますがそれ以下のモデルはほぼありません。FullHDとHD(720P)での価格差もそれほどありませんので出来るだけ精細にということであればFullHDを選択しておけばよいと思います。夜間の監視をどうするかでIR(赤外線ライト)付か無しかなどの判断も必要です。また設置場所の条件によって逆光補正などの機能が必要となったりしますので、ある程度の知識や情報の習得が必要でしょう。

設置場所やカメラの選択については建物図面や監視の目的などの情報を元にご相談いただければ最適な提案をいたしますので全てお任せいただくのもひとつの方法です。

監視カメラの形状には大きく分けて、ボックス型、ドーム型、バレット型(円筒形)、全方位型、キューブ型と呼ばれるものがあります。ドーム型はドーム内にレンズがあるためあまりカメラを目立たせたくない場所に設置するケースが多いです。逆にボックス型やバレット型は、明らかに監視カメラという形状のため、監視していることを明示したい場所に設置することが多くなります。

キューブ型はコンパクトで据え置き型のものが多く、テーブルの上などに置いて使われるケースもあります。形状が直接的にカメラ性能に関係している訳ではないので、屋外用/屋内用だけ意識しておけば特にそれほど気にする必要はなく好きな形を選んで問題ありません。

アナログカメラは、従来からある形式で、同軸ケーブルにより映像データを伝送するタイプのカメラです。一方ネットワークカメラは、LANケーブル(UTPケーブル)でデータを伝送します。

アナログカメラの長所としてはネットワークカメラと比較すると価格が概ね安価なことと設定が容易であることがあげられます。一方短所としてはネットワークカメラと比較すると画質が落ちることとケーブルの取り回しが煩雑になること、電源サプライ、スイッチャー、レコーダーなど多くのハードウェアが必要となることなどです。遠隔からのアクセス性もよくありません。

ネットワークカメラの長所としては、4Kや8K解像度に対応したカメラもあるなど高画質、HUBを利用すればケーブルの取回しが簡素化できる、PoEHUBなどを利用してシステムをシンプルに構成出来ることです。ネットワーク経由でどこからでもカメラにアクセスして設定なども行えるのも利点です。ただ設定についてはある程度のネットワーク知識が必要な場合もあります。短所は概ねアナログカメラより割高な点です。

現在はアナログカメラからネットワークカメラへの移行が進んでいます。新規に監視カメラを導入する場合はネットワークカメラが推奨です。あえてアナログカメラを導入する理由は、すでに導入済でカメラの入替を行う時のみでしょう。ネットワークカメラにする場合はケーブルの引き直しかコンバーターの導入が必要となりその分コストが高くなります。

その場合に既存の同軸ケーブルを流用出来るアナログカメラを選択することでコストを抑えることが可能です。

どちらもネットワーク通信をするカメラという意味では同じですが、その通信方法が大きく異なります。LTEカメラは携帯やスマホで使用している無線ネットワークを利用しているためLANケーブルを接続する必要がありません。またルーターとセットになっていますので、インターネットにアクセスすることが可能です。そのためLANケーブルがすでにあるところや簡単にケーブルが引けるところでは特に簡単に設置できる位でその他に大きなメリットはありませんが、そもそもネットワークの回線が来ていない場所やケーブルを引くのに多くのコストがかかる場所に設置する場合はLTE通信カメラに大きなメリットが出てきます。
設置場所によってどちらのタイプが適切かコストを考慮しながら検討します。

まずはマンションの管理会社があるはずですのでそこに相談してみるのがよいでしょう。ただマンションの管理会社が特に大手企業の場合には監視カメラシステム更新料がかなり高額になるケースをよく聞きます。管理組合で独自に他の業者から見積をとってみるのも比較するという点から重要です。
マンションにより事情は異なりますが、必ず管理会社経由で依頼しなければならないというものではなく、直接管理組合から仕事を請けて施工するケースもあります。
また他の業者からの見積を提示して管理会社との価格交渉に使うこともできます。
管理会社からのシステム仕様と料金をお知らせいただければ、それに対抗できる場合はご提案させていただきますのでご連絡ください。

目的、運用形態により一概にはいえませんが、長ければ長いほど録画容量が多く必要になるためコスト増につながります。そのため不必要に長くしないのが適当です。何か問題が発生した場合にさかのぼって確認する通常の運用であれば2週間~1ヶ月というケースが多いです。

トラブルが明らかになるまで時間がかかる場合は最大でどの時期までさかのぼる必要があるのかを考えて録画期間を決定してください。

レンタルで3ヶ月契約で貸出しをしたが3ヶ月後に返却されず連絡も取れなくなったので申込時のその人物を確認したいという場合は4ヶ月間あればよいということになります。しかしその時に考える必要があるのが例えば最大2年間のレンタルサービスを提供していた場合2年1ヶ月分のデータを保管しておかなければならないのかという問題です。

2年1ヶ月分というと膨大なデータ量となります。2年間のレンタルサービスの申込みの頻度が極端に少ない場合はその期間は切り捨ててもよいかもしれません。録画期間はコストとの見合いとなりますし、該当の映像が残っていてもそれでトラブルが解決するとは限りません。そのあたりを考慮して最適な録画期間を検討してみてください。

屋外用カメラを選んでいただくのは当然ですが、合わせてIP66準拠のモデルを選んでいただければ、台風などでも全く問題ありません。IP等級は防塵と防水に関する基準ですが、屋外用カメラの選択をする場合にはIP66準拠のモデルを選択するのが安心です。

コスト最優先であれば、取り替えるカメラもアナログカメラを選択するのが最善です。アナログカメラはIPカメラより総じて価格は安価であり、既存のケーブルをそのまま流用出来るためケーブル敷設工事のコストが削減できます。

しかし、デメリットとしては、継続した安定稼働に支障をきたす恐れがある点です。アナログカメラのメーカーは、中国や韓国、台湾など海外メーカーがほとんどをしめており、5年後に修理となった時にそのメーカーは存在してるのか、修理用部材は確保されているのかなどのリスクがあります。サポートについてもあまり期待できません。

上記のような点と今後の流れからネットワークカメラ(IPカメラ)を選択するのもおすすめです。現在はネットワークカメラが主流となりつつあり、今後アナログカメラは過去の規格となっていく面もあるため、将来的に安定して稼働させることが優先であればネットワークカメラがよいでしょう。

ネットワークカメラのデメリットはアナログカメラと比較して初期のコストが高くなることです。ただし安定して長く運用できるということにフォーカスして長期的視点で考えると必ずしもアナログカメラよりコストがかかるとは言い切れません。

常時録画は文字どおり、24時間365日常に映像を録画することです。動体検知録画はモーション検知録画とも呼ばれますが、カメラ視野内に動きがあった時間帯の部分だけを録画する機能です。
動体検知録画のメリットは、動きのあった所だけの録画のため、常時録画よりも録画容量が小さくなり、HDDの録画容量を節約できます。

一方デメリットとしては、録画されてない時間帯について本当に何もなかったのか
というのが不明確になる点です。例えば検知機能が調子が悪くて録画されていないのかもしれませんし、通信状態がよくなくて録画されてなかったのかもしれません。

常時録画の場合は、何もなかった状態も全て録画されていますのでそのようなことはありませんが、すでに述べたように動体検知録画と比較して録画データが大きくなります。
どちらを選択するかは、上記のメリット、デメリット、録画データの使用用途などを考慮して決定してください。

これはどのようなシステムにするかで出来るとも言えますし出来ないともいえます。ネットに接続するだけで簡単に運用を開始できるモデルがありますのでそれであれば設定作業は必要ありません。取付工事についてはどのような場所にどうつけるかということになりますが、近くにコンセントがない場合は電気引き込み工事が必要ですので電気工事士の資格が必要となります。PoE給電というLANケーブル経由で電源供給できるHUBを導入することでそのような工事をしなくてすみます。

全て自分で設定・取付工事を行うことは決して不可能なことではなく、適切な機材・システムの選定で可能な場合がありますのでご相談ください。

確かにいろいろな表記法があるようですが、実質2種類といえます。○○画素、○○ピクセル、解像度○○○×○○○というのはどれも同じものを違う表記をしているだけです。
解像度についてはdpiという単位(ドット パー インチ)で表現され1インチあたりに含まれるドット数となりますが印刷業界で使われる数値なので、ここではちょっと置いておきます。監視カメラの仕様として解像度といった場合は横ピクセル数×縦ピクセル数で表現されます。

例えばFullHDと呼ばれる解像度の表現の仕方をみていくと
1920×1080
約207万画素
約2.07M(メガ)ピクセル
といった表記がなされますが、上記は全て同じことをいっています。ピクセル=画素でありメガ=1000000なのです。
そのため
1920×1020=2073600(ピクセルまたは画素)=約207万画素=約207万ピクセル=約2.07メガピクセルといった感じです。

実質2種類の表記というのは、上記のFullHDと1920×1080(メガピクセルや画素での表現も実質同じものです)の関係です。
解像度3840×2160は別名として4Kと表現されます。
解像度1920×1080は別名としてFullHDと表現されます。
解像度1280×720はHDと表現されます。
解像度1024×768はXGAと表現されます。
解像度800×600はSVGAと表現されます。
解像度640×480はVGAと表現されます。
1920×1080が約207万画素というのは計算さえすれば誰でも算出できますが、上記のような表記は知っていないと分からないのでそういうものだとして覚える他ありません。
ただ現在の監視カメラでの解像度の主流はFullHDかHDのいずれか2択と考えて構いません。一部4Kカメラや古いアナログカメラではVGAなどもありますが、最新IPカメラではほぼFullHDかHDのどちらかとなります。ちなみに現在販売されている液晶テレビもFullHDかHDが主流です。

WiFiの場合は通信可能距離が短いため多くの中継機が必要となるのであまりお勧めできません。しかし、直接見通し距離で約5kmまで対応の無線通信機器がありますのでこれを採用すれば広い敷地でも少ない通信機器で広い範囲を安定的にカバーすることができます。光ケーブルを敷設するのと比較すると工事費は大幅に削減することが可能です。

はい、可能です。実際にライブ配信用途も兼ねてご利用されているお客様は結構います。具体的には、YouTubeを使用したライブ配信が可能です。全てのカメラで対応可能ではありませんが、AXIS社のほとんどのモデルとクラウドカメラの一部のモデルで、YouTubeへライブ配信用映像を送出する機能があります。この機能を使うと簡単にライブ配信を行うことができます。

はい、当社では2種類の誰でも簡単に設定が可能なシリーズがラインナップされています。一つはクラウドサーバーで運用する監視カメラで「クラウド写楽庫」シリーズです。アカウントの作成と簡単なカメラ登録ですぐに管理画面からカメラにアクセスできます。クラウド写楽庫はこちら
もう一つは電源ケーブルを差すだけで、遠隔からもカメラにアクセス出来る完全に設定不要の「LTE写楽庫」シリーズです。この製品は主にレンタル形式で使っていただいてますが、ご購入いただくことも可能です。LTE写楽庫はこちら

どちらのシリーズもIP設定やルーター設定などネットワークに関する設定は不要のため、知識のない方でも簡単に運用を開始することが出来るネットワークカメラシステムです。PCだけでなく、スマートフォンやタブレットなどからもライブ映像/録画映像の閲覧が可能です。

いいえ、録画するためには必ずしもレコーダーは必要ありません。SDカードスロットのあるモデルでは、監視カメラ本体内のSDカードに録画することが可能です。ただし、定期的なカード交換が必要なことや記録容量が限られているということは留意しておかなければなりません。

もう一つは、クラウドサーバー内へ録画データを保管する方法です。この場合は現地にレコーダーやPCが必要ないので、それらの機器の故障リスクがなくなるのがメリットです。

最近の監視カメラは非常に低照度の環境でも映像を見ることができます。そのため街中などで夜間でもある程度の照度があるところでは、普通に見ることが出来るため、特にライトを設置する必要はありません。

またまったく照度のない場所でもIR(赤外線ライト)付の監視カメラを選択すれば映像は白黒にはなりますが、見ることは可能です。ただし、より明瞭に被写体を確認したい場合や威嚇効果を期待する場合は、人感センサーライトなどを併設するのもよいでしょう。

システムについて

単純なところでは、屋外用/屋内用の区別は設置場所に応じて確認しておく事項です。解像度などがよいものがよいのは当たり前ですが、当然価格も高くなります。コストを気にしなければ最高スペックのカメラを選択すればよいという単純な話ですが、そのような方はいないと思います。

監視対象までの距離や監視目的に応じて目安とされる解像度があるので必要以上のスペックとならないようにしコストを抑えることが重要です。また設置場所の条件によって逆光補正などの機能が必要となったりしますので、ある程度の知識や情報の習得が必要でしょう。

設置場所やカメラの選択については建物図面や監視の目的などの情報を元にご相談いただければ最適な提案をいたしますので全てお任せいただくのもひとつの方法です。

監視カメラの形状には大きく分けて、ボックス型、ドーム型、バレット型(円筒形)、全方位型、キューブ型と呼ばれるものがあります。ドーム型はドーム内にレンズがあるためあまりカメラを目立たせたくない場所に設置するケースが多いです。逆にボックス型やバレット型は、明らかに監視カメラという形状のため、監視していることを明示したい場所に設置することが多くなります。

キューブ型はコンパクトで据え置き型のものが多く、テーブルの上などに置いて使われるケースもあります。いずれのタイプも計上が直接的にカメラ性能に関係している訳ではないので、屋外用/屋内用だけ意識しておけば特にそれほど気にする必要はないでしょう。

アナログカメラは、従来からある形式で、同軸ケーブルにより映像データを伝送するタイプのカメラです。一方ネットワークカメラは、LANケーブル(UTPケーブル)でデータを伝送します。

アナログカメラの長所としてはネットワークカメラと比較すると価格が概ね安価なことと設定が容易であることがあげられます。一方短所としてはネットワークカメラと比較すると画質が落ちることとケーブルの取り回しが煩雑になること、電源サプライ、スイッチャー、レコーダーなど多くのハードウェアが必要となることなどです。遠隔からのアクセス性もよくありません。

ネットワークカメラの長所としては、4Kや8K解像度に対応したカメラもあるなど高画質、HUBを利用すればケーブルの取回しが簡素化できる、PoEHUBなどを利用してシステムをシンプルに構成出来ることです。ネットワーク経由でどこからでもカメラにアクセスして設定なども行えるのも利点です。ただ設定についてはある程度のネットワーク知識が必要な場合もあります。短所は概ねアナログカメラより割高な点です。

現在はアナログカメラからネットワークカメラへの移行が進んでいます。新規に監視カメラを導入する場合はネットワークカメラが推奨です。あえてアナログカメラを導入する理由は、すでに導入済でカメラの入替を行う時のみでしょう。ネットワークカメラにする場合はケーブルの引き直しかコンバーターの導入が必要となりその分コストが高くなります。

その場合に既存の同軸ケーブルを流用出来るアナログカメラを選択することでコストを抑えることが可能です。

まず、Qnap公式HPよりQfinderを入手します。
次に、qfinderを起動しQnapを探します。 
Qnapが表示されたら、Qnap名をダブルクリックし、アクセスします。
そこでは初期設定や、より使いやすくカスタマイズすることができます。

付いているカメラの種類にもよりますが、既存のカメラがアナログカメラの場合、共存させるかネットワークカメラにリプレイスするかの選択肢があります。
そちらに関しては詳しいページがありますので、こちらをご覧になってください。

その場合、レコーダーにモニター送出用のポートがあるものを選定する必要がございます。弊社ではネットワーク環境がない場合にも1から工事することも対応できますのでお気軽にご相談下さい。

その場合、カメラは通常のカメラを使いますが、通信部分はLTEやWiFiで通信を取ることになります。弊社では検証済みのLTEやWiFi機器で遠隔通信によって運用することが出来ます。是非、お任せ下さい。

弊社では、撤去から新規設置までトータルで対応することが可能です。リプレイス方法はこちらに詳しく記載されておりますのでご参考になさってください。

この場合、弊社のクラウド写楽庫がオススメです。遠隔地に散らばったカメラでも遠隔より一括で管理することができます。
詳しくはこちら

この場合、弊社のクラウド写楽庫がオススメです。遠隔地に散らばったカメラでも遠隔より一括で管理することができます。

詳しくはこちら

お札の種類を判別できるくらいの画質ですと、おおよそ200万画素程度のカメラを選択するのが良いと思います。
これに弊社のレコーダーで録画し、遠隔からの監視も可能です。

弊社取り扱いのカメラには、夜間の監視に優れたモデルも多数ございますので、現地調査の際に暗度を確認させて頂ければ、最適なカメラをご提案いたします。

無料相談・お見積り・現地調査(無料) TEL 0120-77-5609 受付時間:9:00-18:00

無料現地調査

PAGETOP

© 2017 株式会社コムワークス